地元の新聞でチラ見した記事に、密かにショックを受けています。

それは「ストレスが多い人ほど香りのする物を身につける事が多い」という記事で、
つまりはそれだけ香りには癒し効果がある、という内容だったのですが、
自分が香りものが大好きなので「そんなにストレスを抱えていたのか」と愕然としたのです。

ハンドクリームは効果より香り重視、ボディソープ、シャンプー類は効果と香り、どちらも兼ね備えた物を選び、
ボディークリームも香り月は当たり前だし、無臭でお風呂に入った気がしないため、必ず入浴剤を入れて…。

ちなみに仕事の制服にはファブリックミストをシュッとします
(香り付き柔軟剤が苦手な人が職場にいるため避けています)。

思えば朝から晩まで香りに包まれています。
確かに昔は無臭でも平気だったんですよね。
ここ2,3年です、香りつきの商品ばかり買い始めたのは。

自分ではそんなにストレスをためているつもりはなかったので、意外でした。
しかしストレスの原因が思い当たらないんですよね…どうしたものか。

Comments are closed.