肌が乾燥するとしわができやすくなります。
紫外線の影響やエアコンなどの影響で肌は乾燥しやすくなります。

乾燥が進むと肌のバリア機能が失われてしまって、肌は外部からの刺激を受けやすくなります。
肌のバリア機能が弱まると角質層が硬くなり柔軟性が失われていきます。
肌の潤いが無くなると細かなヒビができるようになり、しわの原因になります。

水分量が少なくて潤いがないと新陳代謝も正常におこなわれなくなるので余計にしわになりやすくなります。
小じわの場合はスキンケアで改善させることができますが、対策をおこなわずに紫外線などの外部刺激を浴びていると小じわが深いしわになり、スキンケアでは改善することが難しくなります。

乾燥している肌は皮脂量も少なく水分の蒸発が進んでいきます。
冬場などの湿度が低い季節も注意が必要で、スキンケア用品は保湿性に優れたものを使用すると良いです。
ヒアルロン酸やプラセンタ・セラミドなどの保湿力が高い美容成分が配合されているものがしわにはおすすめになります。

しっかり有効成分を肌の奥へ浸透させる必要があるので、正しいケア方法をおこなうようにすると効果があらわれやすくなります。
肌の乾燥に気づいたら早めの対策が重要になります。

Comments are closed.